事件一覧/実名/リスト

マスコミが報道できないニュース/犯罪率/

ムスリム 「土葬用の墓地が必要だ」【イスラム教・大分県日出町】

別府ムスリム教会 カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表

f:id:mirai3334:20220123092104j:plain

イスラム教の人たちはフランス・アメリカ・イギリスどこでも今住んでいます。みんな土葬で埋葬しています。本当は今日できても遅いですよ。できるだけ早く墓地がほしい」

 

 

f:id:mirai3334:20220327163457p:plain

 

イスラム教の土葬墓地を大分県日出町に作る計画を巡って、地元で賛否が分かれるなか、今月に入り、大分県出身のイスラム教徒の男性が亡くなりました。計画地近くの墓地を間借りして行われた男性の土葬の葬儀に密着しました。

(田辺記者)「こちらが土葬するために掘り返した穴です。深さは2メートルですが数字以上に深さを感じます」

大分県日出町南畑にある大分トラピスト修道院。この日の前日に、県内で亡くなった男性を弔うため、多くのイスラム教徒が集まりました。
亡くなった男性(57)は大分県出身の日本人でイスラム名・ヤシンさん。10年ほど前にマレーシアでイスラム教に改宗しました。余命3か月の末期がんを告知された後に別府ムスリム教会に連絡し、「土葬で送ってほしい」と訴えていました。

(別府ムスリム教会 カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表)「彼はもうすぐ亡くなることをちゃんとわかっていたがそれでもとてもリラックスしていた。全然心配していなかった」

参列者は遺体を埋葬するときお祈りのような言葉を口にしています。その意味とはー。

(別府ムスリム教会 カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表)「『ラーイラーハイッラッラー』アッラー以外は神様はいない 最後の言葉で言うとすごくいいことです」

遺族や友人のほかに、駆けつけたほとんどの人がヤシンさんと面識がありません。イスラム教ではコミュニティーの繋がりが強くたくさんの人たちが協力して、葬儀を執り行うのです。

(ヤシンさんの友人)「見ず知らずの人が魂の友達ということですごくハートフルな葬式だと感じました。土葬の葬式はやっぱり宗教的なものでその人達の考え方や思いがあるでしょうからぼくはいいんじゃないかな」
(ザファー・サイードさん)「午前9時半に遺体をとりにいって拭き上げて葬式を終えると6・7時間でしょ。1000キロ離れたところだとさらに大変。大分県なら大分県に1個墓があるほうがいい」

別府ムスリム教会は2018年から大分県日出町南畑で100人分の遺体を埋葬する土葬墓地を計画し、町と事前協議を続けています。計画地のおよそ1.2キロ先に水源地があるため、地元・高平区の住民が反対。計画地から少し離れた町有地を代替案として、町も調整を進めています。ただ、この代替地もおよそ500メートル先に別の水源地があり、2キロ下流にある大分県杵築市山香町の久木野尾ダムへの影響を懸念する声があります。ダムの近くにある下切区の住民は。

(住民)「まさか自分のところに来るとは 人数とかいろいろ情報がないのでどれくらいの土葬するのか全然わからないし」

大分県日出町は代替地が決まれば大分県杵築市を通して計画内容を説明する方針です。大分県内にはイスラム教の墓地がないため、ヤシンさんは宗教の違うカトリックの墓地に埋葬されました。別府ムスリム教会のカーン代表は3年以上経っても葬儀すら満足に行うことができない現状にもどかしさを隠せません。

 

【関連】

2021年6月17日 NHK新潟NEWS WEBより イスラム教徒の土葬を求める動き より

 

「日本でストレスフリーの生活を」f:id:mirai3334:20220123121039j:plain

ameblo.jp

f:id:mirai3334:20220123114041j:plain

 

www.nicovideo.jp