BBCがおとり捜査したら2時間で人間の臓器が届いた 中国(画像あり)

 

BBCが中国臓器移植産業の闇を報道

 

中国での臓器移植件数は年間10万件と推計している。


しかし、ドナー数と一致せず、待機時間が数日~数週間という短さから、巨大な「生きた臓器バンク」が存在しているのではないか、と国際社会から疑いの目を向けられている。

 

BBCは、7月にスペイン・マドリードで開かれた年次国際臓器移植会議(TTS)に出席した中国「臓器移植界の権威」とされる衛生部副部長・黄潔夫氏を取材した。

黄氏「中国ではすでに1万5千のドナーがいる」
記者「毎年の手術件数は十万件ともいわれているが…」
黄氏「その質問はナンセンスだ。答えたくない」
記者「自分が中国の病院に電話したら、すぐに肝臓移植ができると言われた。どうしてこれが可能なのか?」
黄氏「その質問は聞きたくはない、答えたくない。誰かの政治的意図がある質問には答えない」

 

臓器移植件数と、実際の手術数、ドナー数が合致していないのは明らかで、
ドナー以外の臓器の出所元は、拘束されたウイグル人チベット人、思想犯として囚われた法輪功学習者、地下協会信者などが考えられると述べた。

f:id:mirai3334:20210411003810j:plain

 

f:id:mirai3334:20210411003755j:plain

 

f:id:mirai3334:20210411003655j:plain