【警視庁に情報提供】 不法残留のベトナム人を工場で働かせた 韓国人経営者ら逮捕

 

 

 不法残留のベトナム人の男女を働かせていたとして、埼玉県でかばん工場を経営する韓国人の男女が警視庁に逮捕されました。

 入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉・草加市のかばん工場「Only One K」の経営者で韓国籍のヨム・ジョンユル容疑者(58)と韓国籍で取締役のパク・スンヒ容疑者(51)で、去年11月から先月にかけ、不法に残留していた30代のベトナム人男女を従業員として働かせていた疑いがもたれています。

 工場では去年1年間でおよそ1億円を売り上げていましたが、警視庁に「オーバーステイの外国人を多数働かせているかばん工場がある」との情報が寄せられ家宅捜索を行ったところ、ベトナム人と中国人の従業員あわせて10人が不法残留の状態で働いていたということです。

 

 

f:id:mirai3334:20210409214641j:plain

 

f:id:mirai3334:20210409214711j:plain

f:id:mirai3334:20210409214739j:plain

f:id:mirai3334:20210409214754j:plain