(写真あり) 生活保護費1300万円詐取で在日コリアンの右翼団体会長と韓国人の妻を逮捕 /青木源吾・皇民愛国塾

  

右翼団体の会長と妻が、生活保護費およそ1,300万円を不正に受給した疑いで、警視庁公安部に逮捕された。

皇民愛国塾」会長の青木源吾容疑者(78)と、妻で韓国籍の鄭玉子(チョン・オクチャ)容疑者(63)は、およそ6年の間、多いときに月35万円あった土木関係の収入を隠して無職を装い、埼玉・三郷市から生活保護費およそ1,300万円をだまし取った疑いが持たれている。青木容疑者は、「生活保護費がもらえれば、良い生活ができると思った」と容疑を認めているという。

青木容疑者は、2020年8月に行われた、ロシア大使館周辺での街宣にも参加していた。

2人は、不正に得た金を、ギャンブルにも使っていたという

f:id:mirai3334:20201208070156j:plain

右翼団体 皇民愛国塾の青木源吾

 

 

「皇民愛国塾」 ロシア大使館周辺での街宣

f:id:mirai3334:20201208055623j:plain

在日韓国人右翼

 街宣車

f:id:mirai3334:20201208070218p:plain

皇民愛国塾が所有する右翼街宣車

 

あわせて読まれているサイト

karutosouka2.tripod.com

 

 

逮捕時映像

在日韓国人の右翼が生活保護の不正受給で逮捕される - ニコニコ動画

 

 

reiwa201912.hatenablog.com