暴力団員装い女性暴行の韓国籍の無職男を最終送致 婦女暴行など18件・・・大阪・ミナミ[08/02]


大阪・ミナミ 暴力団員装い女性暴行男 最終送致

 

大阪・ミナミの暴力団組員を装った男による連続婦女暴行事件で、南署は1日、
強盗強姦などの疑いで逮捕されていた韓国籍の住所不定、無職、徐一被告(36)
=同罪などで起訴=を最終送致した。

調べでは、徐被告は昨年7月6日午前、同市中央区西心斎橋の路上で、暴力団組員
を装って20代の女性を「組の上の者が現金の入ったかばんを女に取られた。お前か
確認させろ」などと脅迫。近くのマンションに連れ込んでわいせつ行為をし、現金約9万円
とネックレスを奪うなど、同年4月から8月にかけて同様の手口による婦女暴行など18件
の犯行を繰り返した疑い。

数件では遺留物が徐被告のDNAと一致しているが、「覚えがない」などと否認しているという。

ソース:MSN産経ニュース 2008.8.2 04:20
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/080802/osk0808020424002-n1.htm

 

関連スレ

【国内】暴力団員装い女性暴行の韓国籍の無職男を最終送致 婦女暴行など18件・・・大阪・ミナミ[08/02]