町山智浩 韓国系日本人としての心情をツイート /ツイッター/twitter/在日コリアン

 

 

町山智浩とは

1962年東京都生まれ練馬区育ち。在日韓国人の父と日本人の母との間に生まれる。既婚者、1女の父。妹はタモリ俱楽部の空耳アワーを担当した放送作家町山広美

歯に衣着せぬ辛口+おバカな映画評論から映画ファンの間では結構有名。一方で一般紙や地上波局テレビでの活動があまりないため、知らない人は全然知らない、そんなビッグマイナーな文化人の1人。

96年の渡米以降に、映画などのサブカル分野を中心にアメリカ文化全般を評論するようなスタイルを確立する。

評論の傾向は基本的にリベラルな論調。後述するセックス&バイオレンスな嗜好の他、大槻ケンヂに『町山さんは社会的マイノリティーの描写に敏感過ぎかも』と評されるなど、“弱者”を題材として扱った作品を好む傾向がある。みうらじゅん曰く『社会不安を煽って稼ぐ、不安タジスタ』なる芸風。
自身もこういった嗜好は『やっぱり僕の明るくない生い立ちによるもの』と説明する。

 

 

帰化に関するツイート

 

 

f:id:mirai3334:20200412170740j:plain

 

dic.nicovideo.jp